イベント 企画書 例

イベントの企画書にはイベントの趣旨や目的をハッキリと記載しましょう。
イベントなので日時や場所、イベントの概要もわかりやすく記載しましょう。

企画書はわかりやすく見やすいワンシート企画書にすることが好ましいです。

企画書の出来によって企画の可否が決まります。

プロの作成する企画書を閲覧することであなたの企画書作成能力は向上することでしょう。
プロの企画書は文字だらけの企画書ではないです。
パッと見ただけでイメージが飛び込んでくるようなビジュアル敵にも考えて作られているのです。
プロの作品をたくさん見ることだけでも勉強になります。

イベント企画書の場合、特に企画書のデザインが重要になります。
イベントは多くの人に見たり感じたりしてもらうもの。
企画書の段階で見た目で惹きつけるものでなければイベントそのものも惹きつけられるものではなくなってしまうでしょう。

企画書の構成を考え、デザインを考える。
配色を考え見やすさを第一に作りましょう。

あなたが「いいなあ」と思った企画書を真似るところから始めましょう。
真似をしながら自分ならではのアレンジを加えていく。

企画書の出来が楽しみです。

企画書をワンシートにまとめるのは実に難しい。
シンプルでわかりやすい。
無駄な箇所は削除。
文字のバランスに気を付けて強調したい箇所を目立たせる。
無用の文章はいらない。



スポンサードリンク

ビジネススキーム 説明書 企画書

スキームという言葉をビジネスシーンで耳にするようになりました。
適当に相槌を打って受け流して聞いていましたが、「スキーム」って一体どんな意味?

スキームとは「計画を伴う枠組み」という意味です。

???

余計意味がわからない。
日本語にしたら余計に訳がわからない。

どうも、「計画」と「枠組み」の中間のニュアンスを持つ言葉のようです。
スキームという言葉はハッキリと「計画」や「枠組み」と言わず、少し言葉を濁すので便利に使える言葉です。

政治や行政では基本計画や基本構想のことを「スキーム」と言い換えて使っている場合が多いです。

ビジネススキーム(基本計画や基本構想)がハッキリとしていれば説明書や企画書はいいものができると思います。

基礎となる計画が決まっていれば企画書はその基礎の上に企画できるからです。

スキームをいくつか立てて企画書を作成しましょう。

「誰に提案するのか」
自分が相手に対して提案するという単純なものもあります。
クライアントが顧客に対して提案するような間接的な関わり方もあるのです。

「何を目指すのか」
営業の企画書の場合、売りたい商品やサービスという明確な目的があります。
事業企画になるとこの部分が明確にできない場合が多いです。

「コンセプト」
顧客にどういう勝ちを提供できるのか。
顧客にどんなメリットがあるのか。
わかりやすくて覚えやすい。
印象に残りやすくて記憶にも残りやすい。

フレームワークは基本の5W1Hがよいでしょう。
When、Who、Where、What、Why、Howですね。

スポンサードリンク

商品企画書 テンプレート

商品企画書のテンプレートはわかりやすいのが一番重要です。
まずは商品名。
商品のイメージを決めてしまう商品名が一番難しい。
そして商品にはキャッチコピーが必要です。
消費者の心をつかむキャッチコピーは商品名に付加価値を付けるようなものです。
商品企画書のテンプレートに必要なのはこの商品の希望小売価格、サイズ、色、材質、重量、付属品、梱包サイズでしょう。
商品の説明やセールスポイントも書きます。

企画書の書き方を調べてみると「4P」という言葉が頻繁に出てきます。
4Pとは「Product・・・・商品」「Price・・・・価格」「Place・・・・流通経路」「Promotion・・・・広告・販売促進」
この4Pを組み込むことが肝心だと言われています。

社内のプレゼンテーションに商品企画書は欠かせません。
経営リソースである(人、物、金)を動かす決定権のある上層部を相手にわかりやすい商品企画書は重要な位置を占めるでしょう。

いろいろな商品についての商品企画書をいちいちゼロから作るのでは時間の無駄です。
作成時間を大幅に短縮するためにテンプレートを利用しましょう。
そしてわかりやすい企画書はワンシートであること。
長ったらしい文章は読む時間の無駄。
1枚に凝縮された企画書はわかりやすく見やすい。
見やすい企画書は見られやすいのです。
その評価はあなたに帰ってきますよ。



スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。