企画書 自動作成

スポンサードリンク

企画書の作成はとても面倒です。
企画書を自動作成してくれたら楽なんだけど。
ネットを探すと企画書を作成してくれるサイトが見つかる。
ただしその自動作成してくれるサイトが自分の作りたい企画書に添うかどうかはわかりません。

企画書をなるべく簡単に作成したいのならば企画書のテンプレートを使用することです。
パワーポイントのテンプレートを使用するのが使いやすいでしょう。
企画書のテンプレートを無料でダウンロード出来るサイトもあります。
まずは無料でダウンロードして使ってみて、自分で使いやすいものへとカスタマイズするのがいいでしょう。
一度テンプレートを作成してしまえばあとは自動作成と同じようなものです。
手間は初めだけ、後は楽できるのですから。

企画書を作成するのに「企画書作成の三大原則」があります。
TPOの確認、企画の手順の理解、企画書のストーリーの理解です。
TPOとは、Theme=企画テーマ、Person=提案対象、Occasion=提案場面の頭文字です。
どんなテーマで、誰を対象にしていて、どんな場面の企画かを明確にしようというものです。

企画書の作成する作業の前にまずは頭の中を整理する作業が必要です。
それを企画作業といいます。
現状から課題を見つけ解決策を探す。
未来を想像し課題を見つけ対応策を考える。
企画書作成にはストーリーが必要なんです。



スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。